stype kit

stYpeKitはスコーピオクレーン(以下SSと呼ぶ)に取り付けて、バーチャル空間のカメラトラッキングを実現します。ヘッドはミニスコーピオヘッドを使用します。対応クレーンは下記を参照してください。またstYpeKitは当社クレーン、ヘッド専用のため、stYpekit使用の場合は当社のSSを使用します。

stYpeKit.JPG

​機材概要

対応クレーン:SS45、SS38、SS30、SS23

​対応ヘッド:ミニスコーピオヘッド(3軸)

出力プロロコル:Freed(D1)、StypeHF

対応レンズ:CANON、FUJINON (レンズは型番により非対応の場合があります)

​出力端子:LAN端子(別途LAN-RS422変換の用意もあります)

対応ソフト:Vizrt、BrainStorm、Reality、Orad、Wasp3D、RTソフトウェア、XPression、Chyron Hego他​

​キャリブレーション:キャリブレーション方法は1点キャリブレーションと2点キャリブレーションどちらでも可能です。​1点の場合はクレーン支柱に原点、2点の場合は2点キャリブレーションの1点目が原点となります。